なんの為の治療でしょうか?


thumbnail_1485852343396

こんにちは。ブログをご覧頂き有難う御座います。

横須賀市北久里浜・堀ノ内で根本治療がモットー、一会整骨院の杉田です。

さて、1月もあっという間に終わりましたね。

今年30歳を迎え、『1年って早いなぁ。』と感じています(^-^;

先日、患者さんとのこんなやりとりがあったのでご紹介しますね。

患者さん『先生~痛いんだよねー』

私『でも以前より痛みレベルも下がって趣味のボーリングも続けられてるじゃないですか。』

患者さん『そうね、確かに続けれてるし、最近は家事をしてても背中が辛くて途中休まなきゃいけなかったけど、今はそれはないわ。』

私『どうしても、日々使うと疲労が蓄積されてそれが痛みとして出ますが、趣味や家事を出来てますよね?そこを評価しましょうよ。』

患者さん『ボーリング続けられないと、嫌だし、このまま痛み続けたら歩けなくなるんじゃないかと思って。』

私『○○さん、歩けてるし前よりいい感じじゃないですか。当初は週2回来てて、今は週1回で出来ない事出来てますよね?』

患者さん『ホントそうね(^-^』

・極論ですが、もし単に痛みをなくしたいのであれば、痛む動作をやめればいいだけの話なんですね。ごはんはお弁当を配達してもらって、日用品は今は届けてくれる時代になりました。趣味の運動も痛むならやめればいいので(・・;)

しかし、それでは人生つまらないし、動かないとどんどん動けなくなり歩く事も困難になります。

廃用性症候群といって、過度に安静にすることや、活動が低下しなくなることで筋肉がやせほそったり、関節の動きが悪くなったり、骨粗しょう症や心肺機能の低下、末梢性まひ、肺炎、うつ、血栓症などの病気になりやすくなります。

・特に高齢者ではベット上安静が2週間で足の筋肉が2割ほど落ちます。

話が逸れましたが、、

○○する為に治療をする!というのが大事なんです。

まだこの方は治療途中なのですが、いずれ月に1,2回の頻度になり、当院を治癒して卒業されるしょう。

痛い箇所だけに目を向けて治療を続けていませんか?

シップや痛み止めで改善されない場合、痛みの原因は別にありますよ。

その場をしのぐだけでなく、これからの〇〇出来るの為に、今後も励んで参ります。


 

横須賀で肩こり・腰痛・スポーツ障害・交通事故でお困りなら一会整骨院

交通事故でのむち打ち 各種保険取扱い

image034

腰痛 首肩の痛み 膝の痛み スポーツでのケガ

image018

〒239-0807 横須賀市根岸町5-21-38奥山ビル1F右

TEL 046-845-9171

予約優先制 

※治療中は留守電に繋がりますので、お名前と電話番号をメッセージに残して下さい。こちらからお掛け直し致します。

image032