オスグット治療の新常識


thumbnail_FB_IMG_1509748677619

11/3はオスグット研修へ行って参りました。

オスグットとは・・・

運動中、運動後に脛骨粗面(お皿の下の出っ張っている部分)痛くなる。

特に10歳~15歳の運動部の学生にみられ、

症状としては、運動を中止すると痛みが無くなりますが、再開すると痛みがでる。を繰り返す方が多いです。

 

教科書では、脛骨粗面についている大腿四頭筋が硬くなっているからそこをストレッチしましょう。と習いましたが、そもそも痛くてストレッチ出来ない!

痛みが全然減らない。

と臨床上経験しています。

 

オスグットの原因はももの前でなく、膝の裏の膝窩筋。

膝窩筋は膝の内旋させる時に働く筋肉です。

 

この膝窩筋(膝の裏)を緩める為には。

股関節、足首、腓骨、胸椎

の動きの連動が凄く大事になってきます。

 

thumbnail_1509751139600

 

thumbnail_1509751145352

 

実際、オスグットで来院される学生さんは股関節、足首がものすごく硬い。

 

さらに猫背な学生さんも多いですね(^^;

足首から股関節、背骨が連動して動かない為に、ストレスが膝にかかると考えます。

雑巾絞りの交点の部分なイメージです(^^)

 

簡単に出来る検査として

かかとを浮かさずに足裏をついて、ちゃんとしゃがめますか?

もし、かかとがういてしまう。足首やスネがきつい。足が真っ直ぐでなく八の字になってしまう。

という方は足首の動きが悪いです。

 

股関節はパトリックテストとトーマステスト。

仰向けに出た状態でかかとと膝が水平なら正常です。(パトリックテスト)

膝がかかとより上がってしまっていると股関節が硬いサインです。

トーマステストで股関節につまり感がある、反対足が浮いてしまうのは異常です。

「パトリック検査」の画像検索結果

 

整形外科徒手検査と筋膜のつながりを考え、確実な改善を目指します。

一度検査もやってみて下さい!

 

もしどれか一つでも異常があれば、まだ伸びしろがある。

これからもっとパフォーマンスが上がるチャンスですよ(^-^


 

横須賀で腰痛・肩こり・膝の痛み・スポーツ障害・交通事故でお困りなら一会整骨院

交通事故でのむち打ち 各種保険取扱い

image034

腰痛 首肩の痛み 膝の痛み スポーツでのケガ

image018

〒239-0807 横須賀市根岸町5-21-38奥山ビル1F右

TEL 046-845-9171

予約優先制 

※治療中は留守電に繋がりますので、お名前と電話番号をメッセージに残して下さい。こちらからお掛け直し致します。

image032