腰痛~分離すべり症編


1458798342458

最後に腰椎分離(すべり症)について書いていきます。

前回の脊柱管狭窄症についてはこちら

ヘルニアについてはこちら

腰についてはこちら


腰椎分離(すべり)症は中学生位に、ジャンプや腰の回旋動作を繰り返し行う事で腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。

ぎっくり腰のように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習などで繰り返して腰椎をそらしたり回したりすることで起こります。

サッカー、バレー、バスケ、柔道など多くの競技に見られます。

反った時、捻じった時の方が痛みを強く訴える方が多いです。

日常生活には支障はありませんが、運動レベルが高く、我慢しながらプレーを続けると痛みはより強く、お尻や脚まで放散痛を出てしまいますから早めの受診がいいと思います。

一般の人では5%程度に分離症の人がいると言われていますが、

スポーツ選手では30~40%の人が分離症になっています。
分離症は10歳代で起こりますが、それが原因となって、成人してから徐々に「分離すべり症」に進行していく場合があります。

すべっている骨が神経に触れると臀部や脚への痛み痺れを出してくる事があります。

学生時代に分離症と診断されたら、予防のためストレッチと体幹トレーニングはかかせませんね。

治療案内

患者様の声

お問い合わせ