腰痛~脊柱管狭窄症編


1459244257270

ヘルニアの後は、脊柱管狭窄症について、お伝えしていきます。

前回のヘルニアについてはこちら→→→腰痛~ヘルニア編

脊柱管狭窄症とは、脊柱管が狭まり、神経が圧迫されて、痛みや脚への痺れが起こります。

特徴的な症状として、歩くと痛みや痺れが強まり、少し前かがみで休むと症状がなくなる。また歩くと痛み痺れ・・・を繰り返す間欠性跛行があります。

※安静時も脚に痺れがある、足が冷たい場合、閉塞性動脈硬化症が考えれれます。内科の先生の受診をお勧めします。

 

脊柱管狭窄は、70歳以上の2人に一人の割合で起こるとも言われます。

原因は、背骨や靭帯の加齢変性です。

 

左が正常な脊柱管       右が狭窄症

1459492387819   1459492380144

膀胱直腸障害で残尿感があると訴える方もいます。

治療法としては、まずは自家筋力をつけて、硬くなった筋肉はストレッチをして腰部にかかる負担を軽減させること。

それでも、症状変わらず、日常生活に支障きたす場合は手術となります。

 

当院には、手術をしても痛みが去らない方が多く来院されます。

治療を重ね症状が軽減された方の声はこちら→脊柱管狭窄症の患者様の声

 

これから大事になってくるのは、予防です。

筋肉は少しずつ衰えますから、筋肉の衰えはこちら>>>筋肉の衰え

 

脊柱管狭窄は急には起きず、じわじわきますから、

・あれ?腰の張りがなかなか取れないな。

・最近姿勢が悪くなって年かな。

・歩くスピードが遅くなって、筋肉痛が長引く。

などの身体の衰えを感じているようでしたら、簡単な運動からで構いませんから始めることをお勧めします。

 

自宅ではラジオ体操が手軽に始められるかと思います。

それも出来ない。腰を回したり、曲げ伸ばしで痛みを感じるようなら、要治療です。

健康寿命を延ばしてピンピンコロリで生きていきましょう。

当院の治療案内はこちら

患者様の声はこちら