気圧の変化が身体へもたらす影響


1463443574355

こんにちは。一会整骨院の杉田です。

今日は気圧の変化が身体にもたらす影響についてお話させて頂きます。

先日までは、天気も良かったのですが、今日はしっかり雨が降っていますね。

 

晴れの日から、雨に変わると、当然ですが気圧は高気圧から低気圧へと変化します。

気圧とは、空気が身体にかかる圧と考えて下さい。

低気圧(天気が悪い)になると、身体にかかる圧が弱まります。

そうなると逆に身体が気圧に対する圧は強くなります。

 

つまり、外側からの圧力が弱まり、内側からの外に向けての力が強まるため、血管や細胞が膨張します。

高い山へポテトチップスを持っていくと、袋の中の圧が変化して膨らみますよね。

この身体の圧の変化が、むくみ、血管が膨張することで頭痛、関節痛、だるさ、などの不調を引き起こします。

 

さらに、高気圧は下降気流を生み、地上の酸素濃度が若干多くなり、低気圧は上昇気流を生み、地上の酸素濃度が若干少なくなります。

 

若干の酸素不足が、自律神経の乱れに影響してしまうことがあります。

 

酸素不足による身体の影響として

疲労の蓄積

疲労物質である乳酸の分解がスムーズに行われない為、肩こり・腰痛・筋肉痛が長引く・足のつり・疲労感

脂肪の蓄積

脂肪分解酵素の働きが低下します。

肌再生能力の低下

肌細胞のエネルギーの低下により、新陳代謝(ダーンオーバー)の乱れによりシミ・しわにつながります。

 

雨の日=低気圧=酸素不足=身体への不調

負のサイクルが出来上がってしまいます。

そんな負のサイクルを断ち切る為に、当院では、治療や自宅ケアで酸素オイルを使っています。

 

身体の不調、メンテナンスをご希望の方はこちら

高濃度酸素オイルについて