股関節痛の原因と当院における改善方法

こんなお悩みございませんか?
  • 歩いていて左右の歩幅が変わってきた
  • 階段の上りが辛い
  • ちょっとした段差もまたぐのがこわい
  • 以前のように長く歩けない
  • しゃがむのが辛い
  • 車の乗り降りが辛い

股関節の痛みの本当の原因とは?

当院に来院される患者さんのほとんどが、股関節のマッサージやリハビリを数か月頑張ったけど一向によくならないと転院されてきます。

その多くは股関節の痛みは股関節に原因があると思い、股関節やお尻の筋肉ばかり施術しているケースがほとんどです。

股関節痛の原因は股関節そのものにあることは少なく、足の着き方や骨盤の傾き、猫背のような不良姿勢が原因で股関節へ負荷が増え、結果痛みが発生しているケースが多くあります。

人間の筋肉の7割は下半身にあり、その多くの筋肉は骨盤・股関節についています。

この筋肉が硬くなり股関節周囲の靭帯や股関節自体を硬くしてしまい痛みを引き起こします。

冷え性の方に股関節痛が発生しやすいのは、この痛みのメカニズムによるものです。

股関節の痛みは段階的に悪化する

股関節に普段がかかりすぎることで、違和感や痛みを感じる事があります。

軽度の場合

歩いた後や運動後に股関節はももの筋肉に痛みは張り感を感じます。

中度の場合

朝起きる時は椅子からの立ち上がりの時に股関節に鋭い痛みを感じます。動いていると楽にはなるけど以前のようにたくさんの距離を歩けなくなってきます。

この段階であぐらをかいたときに左右の開きの多少の差がみられ階段の上りを不安感をもって上るようになります。

重症の場合

股関節の可動域の左右差が顕著になり動かし始めの痛みも強く、歩いている時も常に痛みを感じるようになります。歩幅もすくなくなりお風呂の浴槽をまたぐのが出来ない。坂道がとても辛く杖をついて歩くようになります。

股関節に対する当院のアプローチ

まずなぜ股関節が痛くなるのかの原因を身体全体のバランスをみて検査していきます。

特に足の着き方と骨盤の傾きはを念入りにチェックしていきます。

反り腰傾向で股関節が正常より内側にねじれてしまっている。お尻の筋肉が弱く関節に負担がかかりすぎて炎症が起きている。

猫背のような不良姿勢で股関節に負担が増悪しているなど、様々な原因で股関節痛は発生します。

当院は患者さん一人一人に合わせた施術で根本の痛みを見つけ2人3脚で施術にあたります。

キャンペーン情報

<キャンペーン詳細>

【開催期間】

【最終日】

【受付期限】 日と 時間

【残数】先着15名様